日本のファッション史を紐解く大規模展「ファッション イン ジャパン」国立新美術館にて開催!

 戦後から現代までの日本のファッション史を紐解く世界初の大規模展「ファッション イン ジャパン 1945-2020 ー流行と社会」が国立新美術館にて2021年6月9日(水)より開催する。

 本展では戦中戦後の国民服やもんぺの時代から、国際的に華々しい活躍を見せた日本人デザイナーの作品、日本の若者から発信されたKawaii文化まで、世界に誇る日本のファッション文化の全てを展示。

 衣服に加え、写真や雑誌、映像といったメディアを通して、各時代のファッションを社会現象とともに紐解いていく。

【主な出品デザイナー、ブランド一覧(順不同)】

田中千代、杉野芳子、伊東茂平、桑沢洋子、森英恵、VAN、EDWARD’S、Mademoiselle NONNON、BIGI、NICOLE、MILK、ISSEY MIYAKE、KENZO、Kansai Yamamoto、JUN、ROPÉ、PINK HOUSE、Yukiko Hanai、COMME des GARÇONS、PASHU、KOHSHIN SATOH、JUNKO SHIMADA、MEN’S BIGI、FICCE UOMO、Madame Nicole、yoshie inaba、JUNKO KOSHINO、YUKI TORII、hiromichi nakano、TSUMORI CHISATO、A BATHING APE®、UNDERCOVER、BEAMS、20471120、beauty:beast、FINAL HOME、UNIQLO、Hysteric Glamour、SUPER LOVERS、KEITA MARUYAMA、ATSURO TAYAMA、Masaki Matsushima Paris、ALBA ROSA、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、h. NAOTO、minä perhonen、THEATRE PRODUCTS、mintdesigns、COSMIC WONDER、SOMARTA、THERIACA、途中でやめる、matohu、Mame Kurogouchi、sacai、FUMITO GANRYU、KEISUKEYOSHIDA、AKIKOAOKI、i a i、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎、PUGMENT、YUIMA NAKAZATO、ANREALAGE、writtenafterwards、MIKIO SAKABE 他

「ファッション イン ジャパン 1945-2020 ー流行と社会」企画展
会期:2021年6月9日(水)〜 9月6日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
住所:東京都港区六本木7-22-2
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00〜18:00、毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで ※変更になる可能性あり
>> 公式ホームページ

コメント