新発想の折りたたみ傘からラーメン柄まで!憂鬱な梅雨を乗り越えるおすすめ傘10選

 新型コロナウイルスに影響により、心地よい春の気候を楽しむことなく憂鬱な梅雨がやってきてしまいました。低気圧でなんだか頭は痛いし、お気に入りのシューズやバッグはシミが気になってクローゼットの中で眠ったまま…。そんなときは、梅雨空に映えるお気に入りの傘を片手に、お出掛けしてみるのも一つの手かもしれません。コンビニや100円ショップで手に入る傘ですが、テンションが上がるこだわりの1本を探してみてください。

Guy de Jean(ギドゥジャン)

9,800円(税抜)~

 動物の顔の持ち手がユーモラスな折りたたみ傘「Guy de Jean」。1920年にフランス・パリで創業した老舗傘ブランドで、現在も伝統的な製法を用いて一点一点手作業で作っています。木彫り風のネコ、イヌ、ウサギ、アヒル、フクロウといった愛らしい動物の持ち手はオブジェのよう。UVカット加工の生地を使用しているので晴雨兼用。ワンタッチ式でオープン可能と使い心地も申し分ありません。

 

SHARELY(シェアリー)

3,500円(税込)

 折りたたみ傘「SHARELY」は人間工学に基づき設計しており、わざと“軸”をずらしています。広い部分を後ろにすれば雨からリュックを守れるという優れもの。赤ちゃんを抱っこする子育て世代の方にもおすすめ。晴雨兼用なので、日差しと急な雨が多くなる、これからの季節に備えておくと便利です。

公式サイトはこちら

Barbrella(バーブレラ)

8,500円(税抜)

 MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)が展開するBarbrellaは、累計20万本以上を売り上げている超軽量の折りたたみ傘。「棒(Bar)のように細く、軽い傘(Umbrella)」から名付けられた本商品は、 紫外線防止素材を採用しているため、雨の日はもちろん強い日差しの下でも日傘として利用可能。親骨の長さは50cmと55cmの2サイズ展開で、どちらも閉じた状態での直径は約3.5~4cmという細身。また、50cmサイズの重さは約90g、55cmサイズは約110gといずれもスマートフォンをよりも軽量!無地からチェック柄までカラー展開は50を超えており、お気に入りに1本が見つかるはずです。

公式サイトはこちら

Traditional Weatherwear(トラディショナルウェザーウエア)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Traditional Weatherwear(@traditionalweatherwear)がシェアした投稿

 Traditional Weatherwearからブランド初となるビニール傘「CLEAR UMBRELLA BAMBOO(クリアアンブレラバンブー)」が登場。厚手のビニール素材とバンブーの持ち手を組み合わせたことで、品のある上質なビニール傘に変身しました。落ち着いたカラーリングは、持つ人を選びません。

『TOILETPAPER Magazine(トイレットペーパーマガジン)』×SELETTI(セレッティ)

アンブレラ 6,200円(税抜き)

 アート雑誌『TOILETPAPER Magazine』とイタリアのデザイン会社・SELETTIがコラボレーションしたグラフィックが前面にプリントされた傘です。タイプライターを軽やかに打つ手がモチーフの傘は存在感抜群。

AFURI(アフリ)

5,000円(税抜)

 AFURIのらーめんを大胆に全面プリントした、おなかが空いてしまうAFURI Ramen Umbrella。デザインは看板メニューの「柚子塩らーめん」と赤いスープが印象的な「柚子辣湯麺」の2種類の展開で、本来は店舗の外でお待ちのお客様に貸し出すために製作されたもの。数量限定販売となっているので、気になった方はお早めに。

公式サイトはこちら

FOX UMBRELLAS(フォックス・アンブレラズ)

 

 

 1868年にロンドンで創業した傘ブランド・FOX UMBRELLASは、鯨骨製が主流だった傘フレームにスチールを採用したり、世界で初めてナイロン地の傘を開発するなど、革新的な技術で傘の歴史を塗り替えてきました。そんな同ブランドの技術をハンディサイズにした折りたたみ傘「テレスコピック」は生地の面積が大きいため長傘感覚で使用できます。

CINQ(サンク)

 

この投稿をInstagramで見る

 

cinq_plus(@cinqplus)がシェアした投稿

 日本の職人が作るCINQオリジナル晴雨兼用傘。UV・撥水加工をした張りのあるコットン生地を採用しており、日傘にも雨傘にもなります。竹の持ち手や樫(かし)を使った木軸はクラシックな雰囲気ではあるものの、構造はしっかりとした骨組みとなっているため安心して使用できるとのこと。サイズは小ぶりで軽やかな商品です。

公式サイトはこちら

Wpc.(ダブリュピーシー)

 「どんな天気でも自分らしく」というテーマのもと、雨傘や日傘、レインコートといったレイングッズをお手頃な価格で展開するレインアイテムブランド・Wpc.。PLASTIC UMBRELLA(プラスチックアンブレラ)シリーズは、視界を遮らないクリア素材にチェリーやレモン、ボタニカル柄、ボーダーを描いたポップな傘です。1,000円代と低価格ながらも、ワンタッチで開くジャンプタイプであったり、デザイン性と機能性を兼ね備えています。

公式サイトはこちら

BonBonStore(ボンボンストア)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BonBonStore(@bonbonstore_kiosque)がシェアした投稿

 BonBonStoreはデザイナー・井部祐子さんが「いま、私が欲しいもの」をコンセプトに傘やバッグ、マスコットをデザインする小物雑貨ブランド。「小さい頃から、理由なく傘が好き」という井部さんがデザインする傘は、ただの雨具をコーディネートのキーアイテムにアップデート。ウッドハンドルは天然木を使用しており、使い込むほどツヤが増します。2020年6月10日(水)~ 6月23日(火)まで、伊勢丹新宿店本館1階にてポップアップストアを開催中です。

公式サイトはこちら

コメント