元外交官が手掛けるGorsch the seamster、秋冬コレクション受注会を開催!夏のリネンアイテムも販売


 Gorsch the seamster(ゴーシュ ザ シームスター)が秋冬コレクション受注会を、2020年7月10日(金)~12日(日)まで大阪のヘアサロン・NOKにて開催する。

 Gorsch the seamsterはメキシコやボリビア、ロンドン、ベルリン、ニューヨークなど様々な国に住み、外交官からデザイナーに転身したユニークな経歴を持つ鈴木詠一氏がデザインからパターン、縫製まで全て自分一人で手掛けるブランド。鈴木氏はドイツの人気ブランド・FRANK LEDER(フランクリーダー)などでも経験を積んできた。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって自粛期間が続いていたが、「人と会って話すことで得られるモチベーションやヒント」があるため今回の受注会開催に至ったという。

 秋冬コレクションでは天然素材以外を極力使用していないといい、綿とウール、裏地もキュプラと綿が混ざった素材を採用したとのこと。また、少量ではあるものの、その場で購入できる夏のリネンアイテムの用意。こちらも全てデザイナーがデザイン、パターン作製、縫製を手掛けている。生地選びからディテールまで、デザイナーのセンスが光るアイテムの数々を実際の目で確かめてほしい。

詳しくはGorsch the seamster公式サイトまで

Gorsch the seamster 秋冬コレクション受注会
期間:7月10日(金)~12日(日)
10日(金)15:00~20:00/11、12日12:00~18:00
場所:NOK
住所:大阪市中央区谷町6-1-7
この投稿をInstagramで見る

 

Gorsch the seamster(@gorsch_the_seamster)がシェアした投稿

コメント