現代アート美術館・KAMU kanazawa、レアンドロ・エルリッヒの最新体験型インスタレーション作品を公開

レアンドロ・エルリッヒ「INFINITE STAIRCASE」 ©Leandro Erlich

 アートコレクターの林田堅太郎が館長を務める私設現代アート美術館・KAMU kanazawa(カム カナザワ)が、2020年6月21日(日)に開館。そして、7月23日(木)からレアンドロ・エルリッヒの最新作「INFINITE STAIRCASE」が公開になった。

 KAMUは立体、インスタレーション、テクノロジーを中心としたアートコレクションをベースに設立した私設の現代アート美術館。現代アートによる日本の文化資源の向上と、同時代的に生まれるアートの発信、“拠点となる金沢市”が現代アートの街として発展していくことに貢献する事を目的に運営するという。

 1973年にアルゼンチン・ブエノスアイレスで生まれたレアンドロ・エルリッヒ。KAMUでは、これまでにエルリッヒの実寸台の作品図面の展示や公開制作といったプログラムを行ってきた。「INFINITE STAIRCASE」は、螺旋階段を横倒しにしたような体験型インスタレーション作品で、幅約3.5メートル、奥行き約7メートル、高さ約3メートルの作品の中に入ると、螺旋階段の吹き抜けを上から覗き込んでいるような錯覚と、空間が拡張されるような仕掛けになっているそうだ。作品完成後は同館のパーマネントコレクションとして常設展示されることになっている。

詳しくはKAMU kanazawa公式サイトまで

 

この投稿をInstagramで見る

 

KAMU(@kamu_kanazawa)がシェアした投稿

KAMU kanazawa
住所:石川県金沢市広坂1-1-52​
開館時間:11:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
​休館日:月曜
入場料:800円

コメント