hoboとTRUCK FURNITUREが再タッグ! 焚き火を楽しむ「TAKIBI BARシリーズ」にニューカラー登場

TSPローチェア hobo公式ホームページより

 東京発のバッグ、アクセサリーブランドのhobo(ホーボー)と、大阪の人気家具屋・TRUCK FURNITURE(トラックファニチャー)が再びコラボレーションし、「TAKIBI BAR シリーズ」を2020年9月5日午前11:00から発売する。

 「TAKIBI BARシリーズ」はhoboとTRUCKが焚き火を楽しむために、こだわりを詰めて作ったコレクション。「山の中で火を囲めば、ゆったりとした雰囲気のなかで、自然に会話が弾む。家で過ごすことが多くなった今だからこそ、そんな焚き火の気持ちよさを、少しでも日常に持ち込んでみたら、心やすらぐ時間がつくれるはず」という思いから、2ブランドの再タッグが実現したという。

 今シーズンは、過去のコラボレーションの中でも特に好評だった、「TSPローチェア」「ローテーブル」「トートバッグ」をニューカラーで再びリリース。

 コラボレーションのきっかけとなった「TSPローチェア」には、落ち着いたスチールグレーのウォータープルーフレザーをセレクトし、焚き火はもちろん、自宅のリビングやベランダでも、自然に溶け込むデザインに仕上がった。木目のきれいなナラ無垢材の「ローテーブル」は、ローチェアの高さに合わせて設計されておりグラスや本を置くのに最適だ。また、超大型の「トートバッグ」は、ローテーブルとローチェア2脚をしまって持ち運べるサイズなため、山や近場の公園に持って行くにも頼もしい。

詳しくはTRUCK公式ホームページ/hobo公式ホームページまで

コメント