『アボカドの固さ』をサービスデイに観たい! 是枝裕和、三宅唱、俵万智が絶賛した城真也の長編デビュー作

 NetflixやAmazon Prime Videoなど低料金で見放題の動画配信サービスは便利だけど、テレビやタブレット端末、スマホのような小さい画面で大作を鑑賞するのはもったいない。通常料金から数百円引きとなるお得な“サービスデイ(レディースデイ)”を活用して、仕事のあれこれ、恋人や友人からの連絡、SNSから解放される時間を作ってみては?

 今回おすすめする映画は『アボカドの固さ』。本作は、「PFFアワード2019ひかりTV賞」「第20回TAMA NEW WAVEある視点部門入選作」となった城真也監督の長編デビュー作。劇団「青年団」所属の前原瑞樹が主人公を演じ、前原自身が実際に経験した失恋体験をベースに構想が練り上げていったという。公式ホームページでは、『きみの鳥はうたえる』の三宅唱監督や歌人・俵万智、作家・山崎ナオコーラ、映画監督・是枝裕和、俳優・MEGUMIなど多くの著名人がコメント寄せている。

 ある日突然、5年付き合った恋人・清水緑に別れを告げられた俳優・前原瑞樹。 どうにかヨリを戻したい一心で、周囲に失恋相談をして回り、ひとまずは1ヶ月後に迎える25歳の誕生日まで待つと決める。 しかし、待てど暮らせど清水からはなんの音沙汰もない…。復縁への淡い期待を抱きながら右往左往する男の<愛と執着の30日間>。

 マスクを着用の上、映画館に足を運んでみるのはいかがでしょうか?

詳しくは『アボカドの固さ』公式ホームページまで

コメント