グラフペーパー×ミズノ初コラボスニーカーを発売! デザイン界の巨匠、ディーター・ラムスを彷彿とさせるグレー

 Graphpaper(グラフペーパー)とMizuno(ミズノ)が、初のコラボレーションシューズを2020年9月26日(土)に発売する。

 ベースモデルには、ミズノの構造的テクノロジーを結集し、パフォーマンスシューズとして独自の進化を遂げ唯一無二の存在感を放つ‘INFINITY WAVE’を搭載した『WAVE PROPHECY』が採用。

 グラフペーパーの2020秋冬シーズンテーマは、ドイツ工業デザイン界の巨匠、ディーター・ラムス。彼が手掛けるシンプルかつミニマルな、BRAUN(ブラウン)のオーディオを彷彿とさせるグレーは、スニーカーにも健在。アッパーのメッシュ部分はスピーカーのイメージを表現するため、ミズノが独自で開発した競技選手向けの細かなクロスの機能メッシュを使用している。構築的なデザインになり過ぎないよう、無駄を削ぎ落とし、グラフィックやロゴのフォントなど細部にこだわり、つま先部のみスウェードを残す事で安定感とサプライズ感を持った完成度の高いモデルに仕上がったという。メッシュ素材をベースに人工皮革や樹脂フィルムによって補強されたアッパーは、軽量性を保ちながらもホールド性を向上させている。

 価格は32000円(税別)で、サイズ展開は23.0cm~30.0cm。男女ともに使用できるのもうれしい。

 展開店舗はGraphpaper Framework、Grahpaper AOYAMA、Graphpaper HIBIYA、Graphpaper SENDAI、Graphpaper KYOTO、全国のGraphpaper取り扱い店舗、MIZUNO TOKYO、MIZUNO OSAKA CHAYAMACI。

詳しくはグラフペーパー公式ホームページ/ミズノ公式ホームページまで

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Graphpaper_Official(@graphpaper_official)がシェアした投稿

 

コメント