「永遠のソール・ライター展」京都にて開催決定!関連イベントとしてドキュメンタリー映画を上映

《帽子》1960年頃 ソール・ライター財団蔵 ©Saul Leiter Foundation

 美術館「えき」KYOTOにて「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」の開催が決定した。

 アメリカ・ペンシルバニア州に生まれたソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・フォトグラファーとして活躍。1981年に表舞台から姿を消したが、2006年に出版された初の写真集が大きな反響を呼び、2013年にはドキュメンタリー映画が公開(日本公開は2015年)され、再び脚光を浴びた。天性の色彩感覚によって「カラーのパイオニア」と呼ばれた個性と才能は、亡くなった今も生き続けている。

 本展では、ソール・ライター財団所蔵の作品約170点を展覧。関連イベントとして3月5日(金)~11日(木)京都シネマにて、ドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』の上映も決定した。

無題 1950年代 ソール・ライター財団蔵 ©Saul Leiter Foundation

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
会期:2021年2月13日(土)~3月28日(日)会期中無休
会場:美術館「えき」KYOTO(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
開館時間:10:00~19:30(入館締切 19:00)
入館料:一般1,000円(800円)/ 高・大学生800円(600円)/ 小・中学生600円(400円)※( )内は前売料金、いずれも税込美術館公式ホームページ

コメント