YAECAの洋菓子店「SAVEUR」が田園調布にオープン! “バターが主役”なケーキを販売

 「シンプルで長く着ていけるような日常着」をテーマに上質なアイテムを発信し続けるYAECA(ヤエカ)が、洋菓子店・SAVEUR(サヴール)を2020年10月10日(土)東京・田園調布にオープンした。

 YAECAのフード部門・PLAIN BAKERY(プレーンベーカリー)ではクッキーやパウンドケーキといった焼き菓子、キャラメルやジュースなどを販売してきたが、SAVEURでは「みんなの記憶の中にある、町の洋菓子店」をテーマにクリームケーキやバターケーキ、サブレなどを販売するという。

 まるで“バターの延べ棒”かのようなバターケーキ「クレーム・オ・ブール」は、洋菓子の世界大会で優勝経験のあるパティシエ・大塚陽介とPLAIN BAKERYのパティシエたちがレシピを完成させたそう。温かみのある包装紙の絵を手掛けたのは画家・牧野伊三夫だといい、手土産としてもおすすめだ。

 ちなみに、編集部が10月12日(日)の17時頃に伺ったところ品切れで閉店……。平日や午前中などを目指して、お出掛けしてみては。

 詳しくはSAVEUR公式ホームページまで

この投稿をInstagramで見る

 

@kyok.o_oがシェアした投稿

SAVEUR
住所:東京都大田区田園調布2-51-1
TEL:03-5483-0071
営業時間:10:00〜19:00(売り切れ次第終了)
定休日:水曜日

コメント