茅乃舎と野田琺瑯が「持ち手付味噌ストッカー」を共同製作!保存・調理も可能

 茅乃舎と野田琺瑯が共同製作し、「【茅乃舎ノ道具】野田琺瑯製 持ち手付味噌ストッカー」を2021年3月30日(火)に発売する。

 1934年創業の野田琺瑯は自社で一貫生産しており、鋼板を素地とし、表面には一つひとつ職人の手仕事でガラス質の釉薬を施釉、焼き付けをしている。

 琺瑯容器はにおい移りがしにくいうえ塩分や酸にも強く、味噌をはじめ、ご家庭でとっただし汁の保存や、煮物などの常備菜、漬物やピクルスの調理・保存にも使える。また、直火にかけて調理に使うこともでき、熱伝導率が良いため、沸騰や解凍も短時間で可能。ゆでる・温めるといった調理の後、そのまま冷やして保存できるのも便利な点。積み重ねも可能なので、台所スペースも節約できる。

 今回の「持ち手付味噌ストッカー」は使いやすく手になじむ大きさや持ち手にこだわり、半年間に及ぶ検討と試作を重ねた。底面にひとつずつ手作業で押される「茅乃舎ノ道具」オリジナルスタンプにも注目してほしい。

 


【持ち手付味噌ストッカーのポイント】

味噌の保存に最適な大きさ
味噌約1kgが保存できる。自家製味噌の移し替えにも最適だ。
また、お1人分のお味噌汁の調理や温めにも使える大きさ。

安定感のある持ち手のデザイン
金型から作り上げた茅乃舎特注のハンドルデザインは、様々な手の大きさに対応し、安定して力が入る。

置く場所を選ばない高さ設計
冷蔵庫や冷凍庫の戸棚に、すっきり収まる高さ設計。
積み重ねが出来るため、台所の調理スペースも節約できる。

 

【茅乃舎ノ道具】野田琺瑯製 持ち手付味噌ストッカー
価格:2,970円(税込)
サイズ:W155×D124×H92mm (持ち手含む)
容量:約0.9ℓ
素材:本体 鉄/琺瑯加工、シール蓋 樹脂
ウェブ発売日:2021年3月30日(火)

>> 茅乃舎公式ホームページ

「野田琺瑯オリジナル保存容器ができるまで。」
前編:http://www.kubara.jp/oriori/21-03stocker1/
後編:http://www.kubara.jp/oriori/21-03stocker2/

コメント