マメ クロゴウチ、自宅でケアできる新ライン「ベーシックス」を三越伊勢丹で先行発売!

 Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)の新コレクション「Mame Kurogouchi Basics(マメ クロゴウチ ベーシックス)」が、2021年6月9日(水)より三越伊勢丹オンラインストアと伊勢丹新宿店にて先行発売される。

 Mame Kurogouchi Basicsは、シーズンは設けず、最適なタイミングでアイテムを追加しながらラインナップを拡充し、定番アイテムとして通年、永続的に販売していく新ライン。“タイムレス”を深く追求し、最高の素材を用いて、極限まで削ぎ落としたシンプルなデザインが最大の特徴だ。

 第1弾「Collection 01」は全8アイテム、黒1色、シルク素材のワードロープ。素材の選定からパターンメインキングまで、完成までに3年以上の歳月を費やし、いつの時代も美しく、真にタイムレス、かつライフスタイルの新たな基幹(ベーシック)となるべくデザインされた。

 メインコレクションでも多用しているシルク素材を「より身近に取り入れて欲しい」という想いから、全てのアイテムを黒色のシルクで製作。日常使いを可能にする耐久性、シルク生地の持つ豊かな質感を最大限に引き出すべく、最も相性の良い縫糸と針を指定した上で、幾度にも及ぶサンプル製作、パターンの微細な修正、検品を繰り返すことで、ゆったりとしたブラウスも、肌に吸い付くようなニットも、圧倒的な着心地とアクション性を兼ね備えている。布帛のアイテムは石川県小松市で織られ、京都府亀岡市で表面に特殊な加工を施すことで、自宅でのケアを容易にした。

 全てのアイテムに和紙を使用したオリジナルのガーメントバッグが付属し、多くのアイテムは紙製のハンガーと共にお届け。また、購入時には自宅でのケアの方法などを記載したレターも付属し、手元に届いた瞬間から長い旅路を共にしてもらいたいというブランドの願いが込められている。

>> 「Mame Kurogouchi Basics」特集サイト

コメント