ムーンスター「810s」“より暖かい”靴を発売!南極観測隊用ブーツを日常使いにアップデート


 MOONSTAR(ムーンスター)が手掛けるシューズブランド「810s(エイトテンス)」から新モデル「CAF WARM」「SNOWF」が今秋から順次発売になる。8月に発売した810s新製品に続き、21FWシーズン新作の第二弾となる今回は秋冬らしいモデルが登場。

 サボタイプ「CAF」をベースに「暖かい」という切り口でアップデートした「CAF WARM」。発熱効果のある「HEAT LAYER」インソールを搭載した「2021年ウインターリミテッドモデル」だ。

 「SNOWF」は南極観測隊用のブーツ製造時から長年展開している機能をベースに、810sらしく日常で使えるミニマルなブーツタイプに再構築。靴底に氷上で優れた防滑性を発揮するガラス繊維配合ラバーを搭載したミニマルなブーツになっている。

「810s / CAF WARM (カフ ウォーム)」


カラー:ブラック、ベージュ
税込価格:6,050円
サイズ:22.0-28.0cm (no half sizes)
発売:2021年9月末

「810s / SNOWF (スノーフ)」

カラー:ベージュ、ブラック
税込価格:8,800円
サイズ:23.0-29.0cm (no half sizes)
発売:2021年10月末​

 

この投稿をInstagramで見る

 

moonstar_810s(@moonstar_810s)がシェアした投稿

>> 「810s」ブランドサイト

>> MOONSTAR公式ホームページ

コメント