この春注目の「別注バックパック」7選!人と差がつく特別モデル集めました


現在発売されているバックパックの中から、各ブランドに別注された特別モデルを集めた。通常品番にはない特別仕様で限定品。他人と差がつくバックパックをお探しの方、どうぞ。

GREGORY「別注 NICE DAY NEW」


グレゴリーの定番モデル「DAYPACK」と「FINEDAY」の中間サイズをBEAMS BOYが別注で製作。ユニセックスで使えるちょうどいいサイズ感。容量は22リットル。多くのファンを持つ90年代の「紫タグ」を踏襲したカラーリングのタグを採用している。

GREGORY「別注 VINTAGE NICEDAY 22SS」


グレゴリーの過去のアーカイブを参考にしたヴィンテージコレクションの2022年春夏の新作。ブルーのバッグがピンクに変色していく経年変化を再現している。金属パーツやテープ部分もヴィンテージ感を演出。容量は22リットルで、BEAMS BOYだけで展開される「NICE DAY」モデルをベースにしたスペシャルコレクション。

EASTPAK「OUT OF OFFICE 国内限定カラー」



米軍向けリュックの生産をルーツにもつEASTPAKの定番「OUT OF OFFICE」の国内限定カラーモデル。クラシックな見た目ながらPC収納スリーブを備えるなど現代的な機能性を持つ。ブラック、グレー、オリーブ、ライトブルーの4色を展開し、ブラック以外は国内限定カラーでユナイテッドアローズだけで取り扱われる特別モデル。

GREGORY「別注 MILITARY NICE DAY グレゴリー バックパック」


「もしもグレゴリーがアメリカ軍にバックパックを納入したら」をイメージソースに作製されたという特別なアイテム。タフなCORDURA社の500デニールの生地、ヒートチューブを使用したファスナーの引き手、ミルスペックタグなど細部まで軍モノ仕様にこだわっている。カラーはヴィンテージのフライトジャケットをベースに色出しした「セージグリーン」に。ユニセックスで人気が出そう。

GREGORY「別注 デイパック」


グレゴリー創業当時から展開するアウトドア向けバックパックのド定番「デイパック」を別注。同ブランドのビジネスバッグシリーズで採用されている630Dコーデュラナイロンを生地に使用し、カラーをブラックに統一したモデル。フロントのネームタグはグリーングラデーション。時計的で大人な雰囲気に仕上げた特別モデル。

STANDARD SUPPLY「CORDURA DAILY DAY PACK」


STANDARD SUPPLY(スタンダードサプライ)のアイコンモデル「DAILY DAY PACK」をベースに、底面をグローブレザーに変更した別注モデル。生地にはSHIPS別注モデルのみで使用している500デニールのコーデュラスパンを採用。撥水性、耐久性に優れた仕上がりとなっている。ダークグレー、ブラック、ネイビーの3色展開。

ARC’TERYX 「別注 ARRO16 Backpack」


ARC’TERYX(アークテリクス)の「Arro16バックパック」を別注。ARC’TERYXのアーカイブのジャケットから着想を得たブルーとイエローの色使いがポイント。ロゴ刺繍は通常品では既に使われていない始祖鳥と「ARC’TERYX」の文字が並ぶタイプを使用。技術的にカラー変更が難しいとされていた収納部分も世界で初めてブラックからグレーに変更されている。別注をかけたBEAMS BOYいわく「渾身のコレクション」「完売前に是非手に入れたいスペシャルなアイテム」とのこと。

コメント