D&DEPARTMENT東京、“鋳肌”を生かした「FUTAGAMIのもののまわり」を紹介!父の日のプレゼントにも最適

 D&DEPARTMENT東京が「FUTAGAMIのもののまわり」を開催する。

真鍮の鋳物メーカー「二上」は、江戸時代より仏具の産地として栄えてきた富山県・高岡市に、仏具メーカーとして1897年(明治30年)に誕生。「輪灯(りんとう)」と呼ばれる細やかな細工が特徴の仏具を専門に手掛けてきたが、仏具の需要が減る中で、これまで培ってきた技術を生かし、2009年に生活道具ブランド「FUTAGAMI」を立ち上げた。デザインを手がけるのは、手工業デザイナーの大治将典氏。

仏具の常識ではあり得なかった砂型から取り出したままの“鋳肌”を生かした「FUTAGAMI」のアイテムは、時間とともに真鍮の風合いが変化し、使うほどに味わいが増す。今回の特集では、「FUTAGAMI」のアイテムとともに、高岡のものづくりや、「二上」を支える仲間といった「FUTAGAMI」の“もののまわり”を紹介。ペンダントライトの受注も受付を予定している。また、父の日のプレゼントにも最適な、栓抜きやデスク周りの真鍮アイテムも取り揃えているとのこと。

会期は2020年6月11日(木)~7月14日(火)まで。現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため来店は事前予約制となっている。来店希望日の前日18時までにFacebookまたはInstagramのダイレクトメールにて予約を受け付けている。(1組30分から予約可能)

詳しくはD&DEPARTMENT公式サイトまで

D&DEPARTMENT東京
住所:東京都世田谷区奥沢8-3-2
電話番号:03-5752-0120
営業時間:12:00~18:00
定休日:火曜日、水曜日

コメント