「誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」尾道市立美術館にて開催

 2020年に『トムとジェリー』の誕生80周年を迎えることを記念し、「誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」が尾道市立美術館にて開催される。会期は2020年7月4日(土)~9月6日(日)まで。

 『トムとジェリー』は1940年にウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの天才コンビが世に送り出した短編アニメーション。ネコとネズミのドタバタ劇は世界中で人気を博し、アカデミー賞を受賞する大ヒットシリーズだ。

 世界初となる本展覧会では、アメリカのワーナー・ブラザーズ・アーカイブで保管されていた資料を中心に、『トムとジェリー』のデビュー作「上には上がある」の貴重なセル画や設定資料、アカデミー賞に輝いた「ピアノ・コンサート」や「武士道はつらい」のラフスケッチやストーリーボード、さらに当時のキャラクターグッズなどを含む約250点を通して、作品の魅力に迫る。

詳しくは尾道市立美術館公式サイトまで

誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ
会期:2020年7月4日~9月6日
会場:尾道市立美術館
住所:広島県尾道市西土堂町17-19(千光寺公園内)
電話:0848-23-2281
開館時間:9:00~17:00(最終入館時刻16:30)
※入館にあたっての注意事項は公式ウェブサイトまで
休館日:月曜日(8月10日は開館)
観覧料:一般 1000円/ 大学・高校生 800円 / 中学生以下無料

コメント