完売品も!「ヤシキ版画展2020」限定グッズ、Tシャツは手刷りでアーティスティックな仕上がり

 2020年7月18日(土)から、東京都渋谷区宇田川町のヨシモト∞ドームで、「ヤシキ版画展2020」が開催されている(既報)。お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が外出自粛期間中に趣味として始めた版画が展示されており、屋敷が親交を深める芸人(さらば青春の光・森田、バイク川崎バイクなど)を題材としたものを中心に作品数は約60品に上る。会場内の一部の作品は撮影可能、入場は事前予約制だが料金は無料。

 会場では個展限定のグッズを販売し、作品をプリントしたマグカップ、ポストカード、版画などがラインナップされている。そのうちの1つであるTシャツは屋敷本人の手刷り。一枚ずつ刷り具合によって表情が異なり、事前告知されていた写真に比べ実物はアーティスティックな仕上がり。それなりのファッションブランドのアイテムと言っても通じる雰囲気を醸し出している。

 会期は2020年7月31日(金)8月2日(日)まで(※ 好評につき会期延長)。Tシャツは販売状況に応じて増刷されているが、中には売り切れてしまったグッズもある。ニューヨークファンも、この夏の勝負Tシャツをお探しの方も、早めの確保がおすすめだ。


会場にて購入した手刷りTシャツ。M、Lのサイズ展開だったが、会期中にXLも追加された。


事前告知のTシャツ画像。実物はかすれや潰れで雰囲気が増している。

コメント