シャムキャッツ、復刻Tシャツ付き『大塚夏目藤村菅原』の先行受注をオンラインにて開始

8,360円

 2020年6月30日、東京のインディーズシーンを代表するバンド・シャムキャッツが解散と、ベストアルバム『大塚夏目藤村菅原』2枚組アナログ盤のリリースを発表した。

 シャムキャッツは幼稚園からの幼馴染みであるボーカル・夏目知幸とギター・菅原慎一、夏目が高校時代に英会話教室で出会ったドラム・藤村頼正、藤村の中学・高校の同級生であるベース・大塚智之が、地元の千葉・浦安で結成し2009年にデビュー。2016年には自主レーベル・TETRA RECORDSを立ち上げ、10周年を迎えた2019年に「シャムキャッツデビュー10周年記念全国ワンマンツアー」を開催した。

 『大塚夏目藤村菅原』はいわばシャムキャッツの集大成。活動初期の楽曲「アメリカ」から昨年11月発表の最新音源「はなたば」収録の「我来了」まで全21曲が収められ、9月16日発売予定だったが、より良い作品となるよう努めた結果、発売日を10月14日に延期することになった。

 そして、8月9日からTETRA RECORDS SHOP限定で「復刻Tシャツ付きセット」「ジャケットTシャツ」の先行受注販売をスタートしている。夏目は自身のTwitterに「けっこうみんな着たいんじゃないかと思って」「商魂たくましくてべりぐー! とか言ってやろうって提案したのは俺であーるぐへへ」とコメント。

 ライブハウスもフジロックも、いつでもどこでも肩の力を抜いた彼らのパフォーマンスは、会場の雰囲気をホームに変える不思議な魅力を持っていた。シャムキャッツのライブを見られなくなるのは、正直とても悲しい。『大塚夏目藤村菅原』の発売は、楽しみと寂しさが同居する複雑な心境だが、Tシャツを着ながら曲に耳を傾け「素晴らしかった日々」を思い出すのはいかがだろうか。

8,360円

TETRA RECORDS SHOP限定「Tシャツ付きセット」の予約はこちら

コメント