無印良品の「ごはんにかける」シリーズが優秀! 世界の屋台&定番料理がお茶碗に広がる

ごはんにかける ルーロー飯

 無印良品が8月26日(水)から全国の店舗とネットストアで、リニューアルした「ごはんにかける」シリーズの販売を順次スタートさせた。

 今回のリニューアルでは、一食で満足できるよう茶碗一杯分のごはん(150g)に合わせて内容量を増量。さらに、素材をしっかり感じられるよう味の見直しを行ったという。新商品にはマレーシアの屋台料理「バクテー」、タイの屋台料理「ガパオ」の2アイテムが加わり、合計10アイテムの品揃えとなる。旅行に出かけられない今、世界の屋台料理や定番料理を手軽に楽めるのはうれしい。

 

<商品概要>
・ごはんにかける 牛すじとこんにゃくのぼっかけ(160g 1人前) 350円 ※発売中
神戸の郷土料理をお手本に、牛すじとこんにゃくを生姜をきかせた醤油ダレで煮込んだ甘辛煮。

・ごはんにかける 酸辣湯(160g 1人前) 290円 ※発売中
中国の郷土料理をお手本に、黒豚、たけのこ、きくらげなどの具材を大麦黒酢のまろやかな酸味を生かしたスープで煮込んだ。

・ごはんにかける あさりと生姜の深川飯(140g 1人前)290円 ※発売中
東京深川の郷土料理をお手本に、あさりと人参、れんこんを生姜をきかせた合わせ味噌で煮込んだ。

・ごはんにかける ルーロー飯(140g 1人前) 350円 ※9月16日(水)発売予定
豚ひき肉とたけのこときくらげを、八角と生姜、オイスターソースを使った甘辛いタレで煮込んだ台湾の屋台料理。

・ごはんにかける ユッケジャン(180g 1人前) 290円 ※9月16日(水)発売予定
韓国の郷土料理がお手本に、牛肉の細切り、豆もやし、ぜんまい等の具材を唐辛子やコチュジャンの辛みを生かしたスープで煮込んだ。

・ごはんにかける 胡麻味噌担々スープ(180g 1人前) 290円 ※9月16日(水)発売予定
中国の郷土料理をお手本に、豚ひき肉を白胡麻のコクと豆板醤の辛みを生かしたスープで煮込み、花椒油の香りをきかせた。

・ごはんにかける ガパオ(150g 1人前) 350円 ※9月16日(水)発売予定
鶏ひき肉とたけのこを炒め、バジルと一緒に魚醤やオイスターソースで甘辛い味に仕上げたタイの屋台料理。

・ごはんにかける バクテー(150g 1人前) 350円 ※9月16日(水)発売予定
豚ばら肉と大根を、八角、シナモンなど9種類の香辛料と、生姜やにんにくを加えたスープで煮込んだマレーシアの郷土料理。

・ごはんにかける サムゲタン (180g 1人前) 290円 ※9月30日(水)発売予定
鶏肉の旨みと高麗人参の風味を生かしたスープに、白きくらげやねぎを加え、まろやかな味わいに仕上げた韓国の薬膳料理。

・ごはんにかける チリコンカン(160g 1人前) 290円(いずれも税込) ※9月30日(水)発売予定
ひよこ豆、レッドキドニー、牛ひき肉をトマトベースのソースと一緒にチリパウダーの辛みを効かせて煮込んだアメリカの家庭料理。

詳しくは無印良品公式ホームページまで

コメント