“泊まれる”奈良県最古の醤油蔵元「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」がオープン! “日本人の原点”を再発見

 1689年(元禄2年)に創業した奈良県最古の醤油蔵元・株式会社マルトが、醤油蔵を改修した古民家ホテル「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」を8月29日(土)に開業した。マルト醤油は70年前に一度閉業したものの醤油蔵の再興をかけ、今年築130〜140年の蔵を一部宿泊棟に改修し、新たに開業することになった。

 醤油蔵の復活に際し、18代目当主・木村浩幸が伝統の古文書を読み解き醤油づくりに挑戦。伝統の製法を探り続けるうち、70年ぶりに蔵付き菌が生き続けていたことを発見し、開業に至ったという。

 奈良固有の“大和棟造り”の名残りある母屋を中心とする屋敷構えは、伝統的な造りを今に残しており、当時この蔵に住み込みで働いていた蔵人たちの生活をあるゆるところで感じるだろう。全7室の客室はかつての醤油蔵元の使われ方に着想を得た家具や装飾を施し、古文書が保管されていた部屋は「府庫」、原材料を貯蔵していた蔵は「糀」「碓」など、部屋名にも醤油づくりや蔵の歴史にちなんだ名称を採用。また、朝食は当時の最上客を迎えていた特別な「奥の間」を使用し、美しい庭の景色を眺めながら澄んだ空間で楽しむことができる。誰もが口にしたことのある“醤油”と“日本人の原点”を再発見したい。

詳しくはNIPPONIA 田原本 マルト醤油公式サイトまで

NIPPONIA 田原本 マルト醤油
住所:奈良県磯城郡田原本町伊与戸170
電話番号:0744-32-2064
仕様:全7室、収容人数約30名

コメント