ジョニー・デップ主演『グッバイ、リチャード!』をサービスデイに観たい! 「余命180日」人生の最期をユーモラスに描いた話題作

 NetflixやAmazon Prime Videoなど低料金で見放題の動画配信サービスは便利だけど、テレビやタブレット端末、スマホのような小さい画面で大作を鑑賞するのはもったいない。通常料金から数百円引きとなるお得な“サービスデイ(レディースデイ)”を活用して、仕事のあれこれ、恋人や友人からの連絡、SNSから解放される時間を作ってみては?

 今回おすすめする映画はゴールデングローブ賞をはじめ数々の賞に輝くジョニー・デップ主演作『グッバイ、リチャード!』。『ゾンビランド:ダブルタップ』のゾーイ・ドゥイッチ、『ワンダーウーマン』『21グラム』のダニー・ヒューストンらが脇を固め、シリアスになりがちな“人生の終わり”というテーマをウェイン・ロバーツ監督がユーモラスに描いた。

 「余命180日です。」大学教授・リチャードに告げられた突然のがん宣告。博学でエレガント、真面目な夫として美しい妻と素直な娘との何不自由ない暮らしを送っていたはずのリチャードの人生は一変。追い討ちを掛けるかのように妻に上司との不倫を告白された彼の日々は予期せぬ展開を迎える。死を前に怖いものなしになったリチャードは残りの人生を自分のために謳歌しようと決心。あけすけにものを言い、授業中に酒やマリファナを楽しむ。ルールや立場に縛られない新しい生き方はリチャードにこれまでにない喜びを与え、人の目を気にも留めない彼の破天荒な言動は次第に周囲にも影響を与えてゆく。しかし、リチャードの“終わりの日”は着実に近づいていて…(公式ホームページより)

 マスクを着用の上、映画館に足を運んでみるのはいかがでしょうか?

詳しくは『グッバイ、リチャード!』公式ホームページまで

コメント