東京・蔵前に“洋服と身にまつわるモノ”のお店「文月」がオープン!「道具屋nobori」から独立 

文月公式Instagramより

 東京の観光スポットとして進化を続ける蔵前に、気になるショップがニューオープンした。その名も、洋服と身にまつわるモノのお店「文月」。

 古き良き道具と居心地の良い日用品を扱う「道具屋nobori」や、人気お菓子店の「菓子屋シノノメ」「茶室 小雨」「喫茶 半月」の系列店で既に話題になっている同店。道具屋noboriにある衣類用品部門から独立し、より充実したラインナップを取り揃えてのオープンとなった。

 洋服はもちろんのことアクセサリーやカバン、帽子、タオルやファブリックケア用品など身にまつわる「いいもの、すきなものを」集めているとのこと。

 9月は営業調整のため定休日は水曜日と日曜日だが、調整が出来次第10月以降の定休日をInstagramでお伝えするという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

文月 / 洋服と身にまつわるモノ(@fuzuki.kuramae)がシェアした投稿

詳しくは文月公式Instagramまで

文月
住所:東京都台東区寿3-7-1
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜日、日曜日
※10月以降、変更する可能性も。Instagramでご確認を

コメント