人と差がつく無地スウェットまとめ! ちょっとの違いが結構違う

 涼しくなってきてヘビロテとなるのがスウェットシャツ。ここ数年のトレンドで無地スウェットが大人気で、コスパ重視ならユニクロでも十分だがやはりちょっと人と差をつけたい。そんな方におすすめな、無地スウェットながらひとアレンジあるアイテムを集めてみた。

ビッグサイズのループウィラー

 スウェットと言えばこのブランド、LOOPWHEELER(ループウィラー)。吊り編機によって編まれる厚みのある柔らかな生地感が特徴で数多くのブランドともコラボレーションしている。通常のループウィラーのスウェットはタイトフィットなシルエットだが、Graphpaper(グラフペーパー)が別注したこちらはドロップショルダーでワイドな身幅のビッグシルエット。ラグランスリーブもいい。スウェットと言えばループウィラー、ビッグシルエットと言えばグラフペーパー。絶妙な組み合わせ。

”LOOPWHEELER” for Graphpaper Raglan Sweat

リバース(逆)なオーセンティックスウェット



 MARKAWARE(マーカウェア)もスウェットが毎シーズン早々にサイズ欠けする人気ブランド。生地はループウィラーと同じく「カネキチ工業」製だ。たっぷり身幅を取ったバルーンシルエットで、リブ部分の縫い付けを敢えて表に出した「REVERSE(リバース)」仕様が憎い。ただこれだけだが、それだけでだいぶ表情が異なる。

ORGANIC COTTON HEAVY SWITTZER FLEECE REVERSE FLEECE HUGE CREW

オーラリー定番アイテムの色別注


 BEAUTY & YOUTH(ビューティアンドユース)がAURALEE(オーラリー)に色別注。くすんだピンクとブルーのカラーリングは他ではなかなか見ない。ベースになっているのはオーラリー定番アイテム「STAND UP SWEAT」。その名の通り立つほどのハリと厚みにより立体的なシルエットが出るのが特徴で、こちらも他ではあまり見ないもの。

【別注】 <AURALEE(オーラリー)> SWT CN/スウェット

コメント