奈良県産のシックストックス、定番シリーズにビビットな色味が登場!?

 ソックスブランド、CHICSTOCKS(シックストックス)の定番シリーズ「LINE(ライン)」が追加され、4月18日からオンラインショップや取扱店舗で販売開始した。

 2017年秋冬シーズンにスタートしたCHICSTOCKSの靴下は、奈良県の工場で生産。 奈良県は古くから「大和木綿」の栽培が盛んな地域で、明治時代になると海外から靴下編機を導入し靴下の生産が始まったという。 近年は海外生産が台頭し、日本製の靴下は減ったものの、現在も奈良県は日本一の靴下の産地だ。

 そんな“Made in Japan”なCHICSTOCKSの靴下の特徴は下記の3点
1、つま先・かかと・足底のパイルによる適度なクッション性
2、甲をサポートするゴムにより靴の中でずれにくい
3、長めの履き口が圧力を分散し、締め付けが少なくずれ落ちにくい

 これまでLINEシリーズはブラックやネイビーなどのカラーを販売してきたが、新色は「キャロット×コスモス」と「ピーコック×ブルー」のビビットカラーの2色を展開する。価格は税別1,800円。

 現在、公式オンラインショップでは税込5,500円以上購入で、現代アーティスト・加賀美健オリジナルデザインのステッカーをプレゼント中だ。

公式オンラインストアはこちら

コメント