予約スタート! リサ・ラーソンの干支シリーズの新作「くさぶえのうし」

 スウェーデンの陶芸家・Lisa Larson(リサ・ラーソン)が日本限定で長崎県波佐見焼で制作し毎年展開している干支シリーズ。2021年の新作「くさぶえのうし」の予約がスタートした。

 「あおい」と「きらり」の2種があり、あおいは白磁に美しい青の濃淡が際立つモデル。リサ・ラーソン自身のデザイン・原型製作による、日本でもスウェーデンでも幸運のアイテムとされている四つ葉のクローバーを草笛にした丑(うし)のオブジェだ。
 
 きらりはゴールドのデザイン。こちらは公式通販と直営店限定。また、同じデザインを用いた根付、豆皿、手ぬぐいも発売される。

 2014からスタートしたこの干支シリーズ。公式通販ではそのすべてがセットになったコンプリートセットも数量限定で発売される。いずれも詳しくは特設サイトで確認を。


コメント