ヨックモックミュージアムが南青山にオープン! 併設カフェのみの利用もOK、ピカソ風ケーキを販売

 2020年10月25日(日)、東京・南青山に「ヨックモックミュージアム」が開館する。ヨックモックミュージアムは、銘菓「シガール」で知られるヨックモックによる美術館で、創業者の藤縄利康氏が同社グループとして30年以上かけて集めたピカソのセラミック作品などのコレクションを中心に展示するそう。

 併設のカフェ「ヴァローリス」では、洋菓子店ならではの限定ミニャルディーズ(小さなお菓子)「ヴァローリス」を販売する。ピカソがセラミック制作に没頭した南仏の町・ヴァローリス周辺で有名な地方菓子“カリソン”をモチーフに、ハーブや柑橘類などを使ったコート・ダジュールに思わせるケーキだという。

 カフェで販売するプティガトーは、ミニャルディーズを含めると全8種。すべてヨックモックグループのハイエンドブランド「アン グラン」のシェフ パティシエ・昆布智成氏が監修。単品での注文も可能だが、ドリンクとのセットで1,100円(税込)というメニューご用意。

 ミュージアムを楽しんだ後は、“食”でもピカソを感じることができる。カフェだけの利用も可能なので、お買い物の途中にも足を運びたい。

詳しくはヨックモックミュージアム公式ホームページまで

ヴァローリス 単品 550円(税込)

・タルト フリュイ:季節ごとのフルーツタルト ​470円
・タルトアグリュウム:季節の柑橘類のタルト 450円
・エリタージュ:高知県産ベルガモットの魅力を追求したケーキ 520円
・ティト ショコラ:様々な素材を緻密に重ねて奥行きを出した大人のチョコレートケーキ 520円
・ヴァローリス:上記参照 550円
・フルーレット:赤いフルーツを使用したムースとコンポ―トに、レモンクリームとライチの香りを加えました。 520円
・マカロン アブリコ:ピンクペッパーを効かせたアプリコットクリームのココナッツマカロン 380円
・エコセ:ショコラ生地でアーモンド生地を包み込んだ伝統菓子 400円
※テイクアウト不可 いずれも税込

ヨックモックミュージアム
住所:東京都港区南青山6丁目15-1
休館日:月曜日・年末年始・展示替期間
※月曜日が祝日の場合、翌火曜日
開館時間:10時〜17時
※入館は閉館の30分前まで
※カフェのラストオーダーは閉店の1時間前まで

コメント