三越が小説「和菓子のアン」とコラボ!フルーツゼリーの最中ほか劇中の和菓子を再現

 銀座三越と三越伊勢丹オンラインストアにて、人気小説家・坂木司のベストセラー小説『和菓子のアン』(光文社)の世界を再現したお菓子を発売する。

 小説『和菓子のアン』は、デパ地下にある和菓子店「みつ屋」でアルバイトする主人公の梅本杏子(アン)の奮闘記。『和菓子のアン』『アンと青春』に続き、秋に第3弾となる新刊『アンと愛情』が発行され、これを記念し作中の和菓子を老舗和菓子店の若手店主で結成されたグループ「本和菓衆」が再現した。

 「みつ屋が銀座三越に出現した」という設定の中で登場する和菓子は、ドライいちじくの中にホワイトチョコの羊羹を詰めた「こころの行方」(2,700円)や“みつ屋”の焼印を押した限定どらやき(270円)、お煎餅、フルーツゼリーを和菓子風にアレンジした最中など。

 伝統の味と技を大切にしながらも、遊び心を発揮した新作和菓子を楽しみたい。

詳しくは三越伊勢丹公式ホームページまで

銀座三越 本館地下2階 GINZAステージ
会期:11月11日(水)~11月17日(火)
住所:東京都中央区銀座4-6-16
三越伊勢丹オンラインストア
会期:10月28日(水)午前10時~11月17日(火)午前10時
オンラインストアはこちら

コメント