ゴールドウイン×スパイバー、サステナブルなセーターを数量限定発売

 Goldwin(ゴールドウイン)が人工タンパク質素材「Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)」を使用した新アイテム“THE SWEATER(ザ・セーター)を発売する。

 ゴールドウインと山形県鶴岡市に拠点を置くバイオベンチャー・Spiber(スパイバー)が共同開発した「ブリュード・プロテイン」は、植物由来の糖類を主原料とし、微生物を活用した発酵プロセスにより作られる「構造タンパク質」。石油由来の原料に依存せず、マイクロプラスチック問題に大きな役割を果たす注目の素材だ。

 2019年8月に第一弾、12月に第二弾が発売された際は、数量限定販売ながら予定数を大幅に上回る注文だったという。第三弾となる今回は、上質なウール素材と「ブリュード・プロテイン混紡してつくられたセーターが登場。ウールよりも柔らかくて軽く、なめらかな着心地に仕上がっている。

 サイズはS・M・Lの3サイズで、カラーはブラックのみ。今回も数量限定の抽選発売となる。

The Sweater(ザ・セーター)
価格: 日本 88,000円(税込)/欧州:800ユーロ/米国:800ドル
サイズ:S、M、L(グローバルサイズ)
カラー:ブラック
素材:毛素材70%、分類外繊維(Brewed Protein™)30%
抽選受付期間:2020年11月10日(火)10時~11月30日14時(月)

>> Goldwin

コメント