無印良品が定番下着を価格改定、200円値下げ!コロナ禍でも「良い品を安く」

 無印良品が「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」をテーマに、婦人・紳士の定番肌着を2020年12月25日(金)から価格見直し値下げする。

 素材と着心地にこだわった定番肌着は、全ての製品で農薬や化学肥料を3年以上使用していない土地で自然の仕組みに沿って育てられるオーガニックコットンを使用し、洗濯表示はラベルではなくプリントに変更。また、脇の縫い目をなくした丸胴編みを採用することで、どのような体勢でも脇のゴロゴロ感が気にならない。パッケージは地球資源の循環化に向けて、プラスチック原料から紙の代替素材へと2020年より変更を進めている。

原料の産地や生産工場に直接足を運び、生産パートナーと知恵を出し合いながら価格改定を実現。これまでもシーズンごとに価格の見直しを行ってきたが、コロナ禍でも「良い品」を「安く」という生活者の想いにより一層応えるため、自然素材を中心においた、完成度の高いサステイナブルな衣料品の「適正価格」をさらに推し進め、くらしの「役に立つ」ことを目指すという。

定番肌着の改定後価格
・2枚組インナートップス(婦人) 990円 → 790円
・2枚組インナーTシャツ(紳士) 990円 → 790円
・えらべるショーツ 2枚(婦人) 990円 → 790円
・えらべるトランクス・ボクサーパンツ 2枚(紳士) 990円 → 790円(いずれも税込)

>> 無印良品公式ホームページ

コメント