無印良品の鍋の素がリニューアル!選べる7種「ひとり分からつくれる鍋の素」が新発売

 無印良品は「ひとり分からつくれる鍋の素 ビスク」など7種を2021年10月6日(水)から全国の無印良品で発売した。

 昨年まで展開していた「手づくり鍋の素」シリーズをリニューアルし、鍋スープを小分けタイプに。人気アイテムの「ビスク」や「胡麻味噌担々」などに、今季は「スンドゥブチゲ」と「台湾風豆乳スープ」が新たに加わり品揃えは全7種類。

 世界のスープや鍋料理をお手本に、様々な味わいの鍋が手軽につくれます。鍋料理以外の様々な楽しみ方もできるので、麺料理のアレンジメニューもパッケージ裏面に載せたという。化学調味料、合成着色料、香料不使用なので安心して食べられるのもうれしい。

「ひとり分からつくれる鍋の素 ビスク」
・132g(1人前用33g×4袋) ※希釈タイプ
・350円(税込)
えびの旨みを生かし、トマトの酸味を合わせて、濃厚な味わいに仕上げた鍋の素。フランスのビスクがお手本。

「ひとり分からつくれる鍋の素 胡麻味噌担々」
・136g(1人前用34g×4袋) ※希釈タイプ
・350円(税込)
胡麻のコクを生かし、豆板醤と唐辛子をきかせて、濃厚でピリ辛に仕上げた鍋の素。中国の胡麻味噌担々がお手本。

「ひとり分からつくれる鍋の素 サムゲタン」
・80g(1人前用20g×4袋) ※希釈タイプ
・350円(税込)
鶏の旨みを生かした白湯に、生姜やにんにくをきかせて、コクのある味わいに仕上げた鍋の素。韓国のサムゲタンがお手本。

「ひとり分からつくれる鍋の素 バターチキンカレー」
・144g(1人前用36g×4袋) ※希釈タイプ
・350円(税込)
トマトにカシューナッツを合わせてコクを出し、数種類のスパイスをきかせて仕上げた鍋の素。インドのバターチキンカレーがお手本。

「ひとり分からつくれる鍋の素 火鍋」
・140g(1人前用35g×4袋) ※希釈タイプ
・350円(税込)
花椒や唐辛子など10種類の香辛料をきかせた、本格的な風味と辛さが特長の鍋の素。中国の火鍋がお手本。

「ひとり分からつくれる鍋の素 スンドゥブチゲ」
・136g(1人前用34g×4袋) ※希釈タイプ
・350円(税込)
アサリの旨みに唐辛子をきかせた、魚介のコクと、辛さが特長の鍋の素。韓国のスンドゥブチゲがお手本。(今季新商品)

「ひとり分からつくれる鍋の素 台湾風豆乳スープ」
・136g(1人前用34g×4袋) ※希釈タイプ
・350円(税込)
鶏の旨みを生かし、黒酢とラー油をきかせて、豆乳でまろやかな味わいに仕上げた鍋の素。台湾のシェントウジャンがお手本。(今季新商品)

>> 無印良品公式ホームページ

コメント