KYNEが作品展「KYNE TOKYO 2」を渋谷の新アートスポット・SAIで開催! 200号キャンバスの大作も展示

 7月28日、渋谷の新たなカルチャースポット・RAYARD MIYASHITA PARK(レイヤード ミヤシタパーク)に、アートプラットフォーム・SAI(サイ)がオープンする。会期は7月28日(火)~8月24日(月)までで、当面の間は事前予約が必須。

 SAIは様々な切り口から芸術への視点を提供する、新しいスタイルのアートギャラリー。時代性を反映したアーティストによる展覧会やPOP UPをはじめ、1920年代から現代までの美術を時代やジャンルの枠組みを超えて紹介するようだ。

 オープン第1弾として、都内では2回目の作品展となるアーティストKYNE(キネ)によるソロエキシビション「KYNE TOKYO 2」を開催。KYNEは2006年頃から活動をスタートし、80年代のカルチャーからインスパイアされた独自のアートで注目を集める福岡出身のアーティストだ。『Casa BRUTUS』『カフェとロースター』(ともにマガジンハウス)の表紙や、様々な企業とコラボレーションするなどファンを増やしている。

 本展覧会は、RAYARD MIYASHITA PARKが背景に描かれた200号の大型キャンバス作品をはじめ、作家自身のスタイルソースでもあるステッカーをモチーフとした初の立体作品など新作のみで構成。

 アンニュイな表情と吸い込まれそうになる瞳の「KYNE girl」を、体感してみるのはいかがだろうか。

KYNE TOKYO 2
会期:7月28日(火)~8月24日(月)
会場:SAI
住所:東京都渋谷区神宮前 6-20-10 RAYARD MIYASHITA PARK South 3階
営業時間: 11:00~21:00(無休)

※7月28日(火)から当面の間、事前予約制・入場制限を実施。
詳しくはRAYARD MIYASHITA PARK公式サイトまで

コメント