ルイスポールセンが東京ショールームをリニューアル! 建築家・芦沢啓治氏手掛けるライブオフィスも併設

 デンマーク生まれの照明ブランド・Louis Poulsen(ルイスポールセン)が、2020年9月1日(火)に「ルイスポールセン東京ショールーム」をリニューアルオープンする。ルイスポールセンのほぼすべての製品を展示するほか、建築家・芦沢啓治氏によるライブオフィスが併設される。

 創業から140年以上を誇る同ブランドは、“形態は機能に従う“というスカンディナヴィア・デザインの伝統にもとづく製品づくりを絶えず実践してきた。生まれ変わったショールームでは、ブランドフィロソフィーである「Design to Shape Light—光をかたちづくるデザイン」といったモダンな世界観を体現。

 建築家・芦沢啓治氏のデザインにより誕生したライブオフィスでは、ルイスポールセンジャパンの社員が実際に働くオフィス空間を目指し、ルイスポールセンがデザインする光がどのように効果的に作用するか実際に体験することが可能に。芦沢氏は、「配置されたルイスポールセンの美しいデザインをはっきりと認識し、同時にその光を堪能できる空間とするためインテリアで使うカラーパレットを絞り込んでいます。人が美しく見える空間に、美しい照明は欠かせません。出来あがった空間をみて、ルイスポールセンの照明と空間の相性の良さに、それらをデザインした建築家やデザイナーに改めて敬意を持った次第です。」とコメントを寄せている。

 また、リニューアルオープンを記念して、この秋復刻発売を予定している“ガラスの王冠”とも称された伝説の「PHセプティマ」を日本初公開。1927-31年にポール・ヘニングセンによって設計され、戦中の資材不足の詩的で趣ある7枚のクリアガラスのシェードには、部分的にサンドブラスト加工が施され、上質で心地のよい光を下方に届ける。

 住環境を見直す機会が増えた今、照明を新調するきっかけとして足を運んでみてほしい。

詳しくは公式ホームページまで

「PHセプティマ」 1,127,000円(税抜)

ルイスポールセン 東京ショールーム
住所 :東京都港区六本木 5-17-1 アクシスビル3F
電話番号 :03-3586-5341 (代表)
営業時間 :平日11:00~18:00 *当面の間短縮営業
休業日 :土日祝休

コメント