伊勢丹新宿店「Living with ART」を開催! STUDIO THE BLUE BOY、SLOWDOWN STUDIOが集結

 伊勢丹新宿本館5階センターパーク/ザ・ステージ♯5にて、2020年9月16日(水)から9月29日(火)まで「with ART」をテーマに国内外で注目を集めるアート性の高いデザイナーの作品を販売する。日常のアクセントになるようなユニークなものからデイリーに活躍できるものまで登場するようだ。

 今回紹介されるデザイナーはファッション界やメディアなどからも注目されるアートディレクター・正田啓介、ロサンゼルスを拠点に活動するグラフィックデザイナー・Marc Hendrick(マーク ヘンドリック)、スペインで今注目させれている花器デザイナー・Valeria Vasi(バレリア バッシ)、ロンドンを拠点に活動するアーティストAnna Beam(アナ ビーム)といった顔ぶれ。その他にインテリアや贈り物としても楽しめるハーブティーが特徴のHave a Herbal Harvest(ハブ ア ハーバル ハーベスト)もラインナップ。

 また、STUDIO THE BLUE BOY(スタジオ・ザ・ブルー・ボーイ)の新作ラグ「ゼン ガーデン コレクション」を先行受注する。(公式オンラインストアでは10月23日(金)から)日本庭園からインスパイアされたラグは京都の職人の手で仕上げられており、マッチャ・ディープ・グリーンとチャコール・グレーの2色展開で、枯山水の波紋をグラデーションを用いて表現。また、イメージビジュアルの撮影にもこだわったといい、京都の退蔵院と都内のハウススタジオで撮影。ハウススタジオは建築家の納賀雄嗣氏が1978年に設計し、建築家のピエール・ジャンヌレの家具があることからその場所を選んだそう。本企画でも、新作ラグとともにジャンヌレによるチェアとスツールが展示されるようだ。

 

参加ブランド

<STUDIO THE BLUE BOY>

<スタジオ・ザ・ブルー・ボーイ>ゼン ガーデン コレクション(左:チャコールグレー/右:マッチャ ディープグリーン)各329,000円(税抜)

アートディレクター正田啓介が立ち上げたトータルディレクション/デザインを行い、ラグやインテリア雑貨を販売する新しいコンテンポラリーオンラインコンセプトストア。ブランドの代表的なアイテムのラグは、いままでのラグのイメージを変える曲線活かしたデザインや立体的なデザインなどユニークなものが特徴で、百貨店では初めての取り扱いだという。ラグの素材はすべてニュージーランド産のウール100%を使用し、染色から織りまで日本で作られている。今回はランチョンマットやお香、京都・日本の陶芸家によって一つ一つ丁寧に作られたお香立ても展開する。

 

この投稿をInstagramで見る

 

STUDIO THE BLUE BOY(@studiotheblueboy)がシェアした投稿

 

<SLOWDOWN STUDIO(スローダウン スタジオ)>

<スローダウン スタジオ>ブランケット 32,000円(税抜)

ロサンゼルスを拠点に活動するグラフィックデザイナー・Marc Hendrickが手がけるホームプロダクトブランド。世界中から新進気鋭の若手作家を発掘し、デザインに落とし込み作成。コットン100%のブランケットはしっかりとした厚みがあり、色鮮やかでポップな絵柄のデザインは、壁掛けのアート、屋内外での敷物、ベッドカバーなど幅広く使うことができる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Slowdown Studio(@slowdownstudio)がシェアした投稿

 

<Valeria Vasi>

<バレリア バッシ>花器 各12,000~75,000円(税抜)

スペインで今注目され、バルセロナを拠点に活動している花器デザイナー。様々な国で暮らした経験とファッション業界で培った独自の感性により、一切無駄のない記号のようなスタイリッシュな形状とテラコッタの質感が目を引く花器を生み出している。シンプルなデザインの中に曲線と色使いが美しくマッチして、柔らかく温かみのある佇まいが印象的。また、新作のガラス製花器を日本初紹介。花器はマドリードの職人の手によって作られている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

VALERIA VASI(@valeria.vasi)がシェアした投稿

 

<Anna Beam>

ロンドンを拠点に活動するアーティスト。ダイナミックで現代建築のような色や形が特徴で、遊ぶ心溢れるユニーク陶器が魅力的。今回は、生けたお花や植物が陶器の一部となりオブジェのように見えてくるような花器を紹介。

 

この投稿をInstagramで見る

 

anna beam(@anna__beam)がシェアした投稿

 

<Have a Herbal Harvest>


インテリアとして飾って美しく、お茶にして飲むとハーブの香りと効果を感じることが出来るハーブティーブランド。押し花のように葉や花びらをそのまま乾燥させクリアなパッケージに保存することで、飲む楽しみだけでなく、目でも楽しむことができる新しいハーブティーだ。アクリルボード仕様とレターセット仕様があり、アクリルボード仕様はスタンドとあわせてインテリアとして立てて飾ることもできる。レターセット仕様はメッセージも添えるこもでき、押し花のようなかわいいデザインは、大切な人へのギフトにもおすすめ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Have a Herbal Harvest(@have_a_herbal_harvest)がシェアした投稿

詳しくは伊勢丹新宿公式ホームページまで

「with ART」
会期:2020年9月16日(水)~9月29日(火)
会場:伊勢丹新宿本館5階センターパーク/ザ・ステージ♯5
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
営業時間:午前10時〜午後8時

コメント