青山のセレクトショップ・Godard、アンナ・カリーナやティモシー・シャラメが印象的なTシャツを発売

 青山のセレクトショップ・Godard(ゴダール)から、新デザインの「Cinema Tee」が登場する。

 Godardは、OVER STREET MARKET GINZA(ドーバー ストリート マーケット ギンザ)のショップスタッフ兼バイヤーを務めた笹子博貴氏が手掛ける“サロン”のような立ち位置のセレクトショップ。店名は笹子氏が一番愛するフランスの映画監督 ジャン=リュック・ゴダールから拝借したそう。

 「Cinema Tee」の新デザインはヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優アンナ・カリーナ、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』など立て続けに出演作が公開となっているティモシー・シャラメ、ヴィンセント・ギャロが監督・脚本・主演・音楽を手掛けた『バッファロー’66』の印象的なワンシーンがプリントされている。

発売は7月16日(木)から。ぜひ、直接手に取ってチェックしてほしい。

詳しくはGodard公式インスタグラムまで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Godard Haberdashery(@godard_haberdashery)がシェアした投稿

Godard
住所:東京都渋谷区渋谷2-2-3
営業時間:15:00〜21:00
定休日:水曜日
公式サイト

コメント