お手頃「チェスカチェア」登場! バウハウスの名作椅子が新価格に

 Marcel Breuer(マルセル・ブロイヤー)デザインの名作椅子「チェスカチェア」がマシーンウーヴン(機械編み)となり、お求めやすい新価格として発売になった。

 チェスカチェアは、伝統的な職人技と工業的な手法や素材を組み合わせ、モダンに仕上げたスチールパイプ製の椅子。スチールパイプ素材ならではの特性を利用したカンティレバー(片持ち)のフォルムが、柔軟性のある快適さを与える。ドイツの総合的造形教育機関・バウハウスの思想を反映した代表的なプロダクトの1つだ。

 本製品はバウハウス創立100周年記念として企画され、2020年6月より背座面の籐張りが手編みから機械編みに変えることでコストを抑え新価格に。価格は98,000円(税抜)から。なお、手編みタイプ(Handwoven)も希望に応じて販売される。

詳しくはKnoll Studio公式ホームページまで

コメント