『Swallow(スワロウ)』をサービスデイに観たい!美しくも恐ろしい衝撃的スリラー

 NetflixやAmazon Prime Videoなど低料金で見放題の動画配信サービスは便利だけど、テレビやタブレット端末、スマホのような小さい画面で大作を鑑賞するのはもったいない。通常料金から数百円引きとなるお得な“サービスデイ(レディースデイ)”を活用して、仕事のあれこれ、恋人や友人からの連絡、SNSから解放される時間を作ってみては?

 今回おすすめするのはカーロ・ミラベラ=デイヴィス監督の最新作『Swallow(スワロウ)』。カーロ監督の祖母が強迫性障害により手洗いを繰り返すようになったという実際のエピソードをきっかけに本作を制作。Swallowとは“呑み込む”を意味し、「異物を呑み込むことで自分を取り戻していく」という衝撃的なスリラー映画です。

 完璧な夫、美しいニューヨーク郊外の邸宅、ハンターは誰もが羨む暮らしを手に入れた。ところが、夫は彼女の話を真剣に聞いてはくれず、義父母からも蔑ろにされ、孤独で息苦しい日々を過ごしていた。そんな中、ハンターの妊娠が発覚する。待望の第一子を授かり歓喜の声をあげる夫と義父母であったが、ハンターの孤独は深まっていくばかり。ある日、ふとしたことからハンターはガラス玉を呑み込みたいという衝動にかられる。彼女は導かれるままガラス玉を口に入れ、呑み下すのだが、痛みとともに得も言われぬ充足感と快楽を得る。異物を“呑み込む”ことで多幸感に満ちた生活を手に入れたハンターは、次第により危険なものを口にしたいという欲望に取り憑かれていく…。(公式ホームページより)

 マスクを着用の上、映画館に足を運んでみるのはいかがでしょうか?

>> Swallow公式ホームページ

コメント