京都・誠光社がイベントを再開!第一弾は「『A24映画』はなぜ面白いのか」初のライブ・録画配信も

 京都・河原町丸太町に店を構える書店「誠光社」が、3月半ばから休止していたイベントを2020年7月10日(金)に再開する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場の定員は普段の半数の15名限定とし、同時に同店では初のライブ・録画配信を行う。

 第一弾は、ライター・編集者・翻訳家で、映画・音楽・アートを中心に執筆活動を行う小柳帝氏の映画講義。 新進気鋭の映画配給・製作会社「A24」をテーマに、なぜ「A24」映画は面白いのか? その謎に迫りながら、作品を徹底ガイドする。

 「A24」といえば、日本でも賛否両論を集め大ヒットを記録している『ミッドサマー』が記憶に新しいかもしれないが、『アンダー・ザ・シルバーレイク』『パーティで女の子に話しかけるには』『ヘレディタリー/継承』『20センチュリー・ウーマン』『レディ・バード』など名作を量産。2020年も、『WAVES/ウェイブス』、『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』、『mid90s ミッドナインティーズ』、『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』などの話題作が続々と控えている。

会場での参加を希望する方は、メール、電話、店頭でご予約を。ライブ・録画配信で参加する方はこちらよりチケットを販売している。

詳しくは誠光社公式サイトまで

「A24映画」はなぜ面白いのか
日時:2020年7月10日(金)19:00〜21:00(予定)
会場:誠光社
住所:京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
電話番号:075-708-8340
メールアドレス:s-contact@seikosha-books.com

コメント